治療期間が長い

治療にかかる期間について

インプラント治療は、治療にかかるお金が保険の適用がされないので高くなってしまうのですが、それだけでなく治療にかかる時間も長いのです。1本当たり、はやくても3ヶ月程度で長くても1年は治療期間を要します。インプラント治療の何に時間がかかるのかというと、最初に歯肉を切開してフィクスチャーと呼ばれるねじのようなものをあごの骨に埋め込むのですが、このフィクスチャーが骨としっかりと結合させるのに時間がかかるのです。もし、あごの骨が薄いとなると骨をつくる手術からはじまりますのでさらに治療期間は長くなります。どちらかというと、下あごよりも上あごのほうが骨が薄いので、上あごに抜けた歯があるとその分で時間がかかります。

インプラントのデメリット

インプラントは抜けた歯の治療として現在最高の治療方法ですが、デメリットもありますので十分に理解して治療に臨む必要があります。まず、インプラントをするには十分に骨がしっかりとしていないとだめなことです。骨が少ないとあごの骨を突き抜けて神経に到達することもありますので、しっかりと骨をつくることからはじまります。もし骨が暑いのでしたら無痛治療というメスを入れない治療をすることもできます。このほうが治療期間も短いです。そして、治療期間が長いことがあげられます。1本あたりの値段も高いです。また、抜けた歯の治療となるとインプラントをすすめてくる歯科医院が多いのですが、人によっては必ずしもインプラントが最適とは限りませんので入れ歯のほうが合っている場合もあります。