歯科医院

顎の負担

口が開かない時は顎関節症を疑う

私たちの大切な部分である顎は、毎日の食事などをするときに影響を与えることになります。 顎の部分に負担をかけすぎるのはあまりよくないわけで、それが引き金となって起こる病気もあります。 それが顎関節症というものであり、主な症状として口が思うように開かなくなるということが起こります。 ある日突然、口が開かないことに本人はびっくりさせられます。 口が開かないことに付け加えて、鈍い痛みが走ります。 その状態を放置することもできませんから医療機関を受診しようと思いますが、多くの人が何科へいけばよいのかわからないでいるということがよくあるのです。 顎関節症の治療につきましては、一般的に口腔外科で行われるとされています。

顎関節症の治療を口腔外科で行う

顎関節症になりますと口腔外科で治療を始める必要があるのですが、有効な治療法としてマウスピースの着用があります。 睡眠時に、口腔外科で渡されたマウスピースを装着して眠ります。 顎関節症の原因のひとつである歯ぎしりを、マウスピースで防ぐことができるのです。 歯ぎしりをしていると本人は気づかないわけですから、そのことを家族の人が教えてあげて本人にその原因を考えてもらうことです。 口腔外科では歯ぎしりの原因として、ストレスが大きく関係していると言います。 その原因となっているものを改善していくことにより、歯ぎしりも治ってくるものです。 その他にも歯をよく食いしばる癖のある人なども、顎関節症を起こしやすいとされます。 そのような日頃のよくない癖が原因として起こる病気ですから、本人の心構えがとても大切になってくるのです。

治療期間が長い

インプラント治療は費用が高いだけに限らず治療にかかる時間も長いとされています。顎の骨が薄いという方は骨を作ることから始める必要があるため、通常よりも更に治療期間が長くなってしまうこともあります。

矯正装置を使う

矯正歯科治療では矯正装置を使って治療を進めていきますが、矯正装置の中でも周りの人に気づかれたくない場合は透明マウスピースを使うと良いです。日本全国でもインビザラインやデーモンシステムなどを扱う機関は限られています。

PICK UP

歯科医院探し

歯が痛いと日常生活にも支障が出てしまうので、歯が痛くなったらすぐに歯科へ行って治療をすることが必要です。歯科選びをするときにはインターネットで口コミや評判を参考にすることも大切です。

健康のキホン

健康の基盤でもある歯を守るために、歯科での治療を行う必要があります。吹田市では、この他にも歯列矯正を行なうことで、歯の見た目に関する審美性も向上させる事が出来ます。